山口横断 〜自然豊かな大地が生んだ絶景に振れる〜

旅行

旅の3日目は、山口県下関市から。

スポンサーリンク

まるで南国?角島大橋

角島と本州を結ぶ角島大橋が、コバルトブルーの海にまっすぐと伸びる景色が見たくて、ここへ立ち寄りました。

日が昇って間もない7:00頃。空は雲に覆われ、安定しない天候。それでも、太陽の光が差し込む瞬間を狙って、2時間くらい滞在していました。

全長は、1870m。清く澄んだ青色の海に、南国の島へ来たかのような錯覚を覚えました。

見渡す限りの鳥居!元乃隅神社

二つ目のスポットは、長門市の元乃隅神社。

午前中より天気に恵まれ、青い空と海、123基の赤い鳥居、木々の緑が織りなす景観には、感嘆せずにはいられませんでした。

神社の賽銭箱は、高さ6mの鳥居の上部に取り付けられ、真下から賽銭を投げ入れます。入ったら願い事が叶うと言われているようですよ!

鉄道ファンにはもってこい!惣郷川橋梁

今日の最後のスポットは、阿武郡宇田郷にある惣郷川橋梁。

実はこの場所、旅行計画当初は予定していなかったんです。

休憩がてら立ち寄った道の駅で、夕日が綺麗な場所として紹介されており、ぜひ行こうということになりました。

この夕日スポットの見どころは、単に夕日だけではありません。橋梁の名の通り、鉄橋に山陰本線が通りかかるその姿がなんとも幻想的なのです。

鉄道ファンのおじいさんたちがカメラをかまえて電車が通るのを待ち構えていました。

今日のスポット

◆角島大橋

角島大橋|見る・遊ぶ|【公式】山口県観光/旅行サイト おいでませ山口へ
2000年に開通した角島大橋。リゾートのような白い砂浜とコバルトブルーの海が広がる絶景からSNSでも話題となり、テレビCMやロケ地としても多く取り上げられ、またたく間に日本トップクラスの絶景ポイントとして紹介されるようになりました。橋の長さも無料で…

◆元乃隅神社

【公式】元乃隅神社
商売繁盛、大漁、海上安全、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就の大神です。昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ姿は圧巻です。現在、世界中から注目される神社です。

◆惣郷川橋梁

公式ホームページがないため、Wikiを掲載しておきます!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/惣郷川橋梁

コメント

タイトルとURLをコピーしました