早朝の二見興玉神社、15年ぶりジュゴンとの再会

旅行
スポンサーリンク

海に浮かぶ夫婦岩 二見興玉神社

2日目の今日は、伊勢市二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)から。

朝6時、日が昇ってまだ間もない辺りは、淡い青、オレンジ、ピンク色の空に染まり、とても幻想的です。

二見町江に鎮座するこの神社。大小の岩が海に浮かび、1本のしめ縄で結ばれていることから、夫婦岩(めおといわ)とよばれています。

”この夫婦岩は、日の大神(太陽)と夫婦岩沖合の興玉神石を拝む鳥居の役目をしています。二つの岩を結ぶしめ縄は5本から成り、それぞれ長さ35m、重量40kg、太さ10㎝です。

しめ縄は、年に3回の頻度で交換されているようです。 “

(神社内の看板より抜粋)

他にも見どころはあります!陸側には、ところどころにかえるさんがいるんです。

・無事に「帰る」

・お金が「返る」

などなど、縁起の良さをモチーフとされているようですね。

さてさて、次の目的地へ向かいます。

日本ではここでしかみられないジュゴン!鳥羽水族館

次は、鳥羽市を代表する観光スポット。鳥羽水族館です。

幼少期に一度、10歳の時に一度、そして今回が3回目の訪問になります。

日本で唯一ジュゴンに会える水族館として知られています。

私は、このジュゴンと仲良しのカメを題材にした物語(絵本)である「ふたりはいつもともだち」を読んで育ったこともあり、鳥羽水族館は思い入れのある水族館です。

今や現代的なお洒落な水族館が増えてきた中で、鳥羽水族館は昔ながらの水族館といった印象ですが、ファミリー向けのアットホームな雰囲気がまた鳥羽水族館らしいところだと思います。

個人的に印象に残ったのは、マイペースにニラ?を食べるカピバラさんガラスに頭をタッチするスナメリさんです。

ぜひ鳥羽を訪れた際には、鳥羽水族館で海の動物たちに癒されてみてはいかがでしょうか。

英虞湾を一望!横山展望台

今日のクライマックスは、横山展望台。

リアス式特有の入り組んだガタガタの海岸で、真珠養殖発祥の地である英虞湾(あごわん)が一望できます。

この景色をひと目見たいと車で訪れる人は沢山いて、駐車場は土日の午後だと待ち状態でした。

英虞湾を空から見れたらもっと面白そう!なんて思ったちびらでした。

明日は最終日。どんな1日になるのでしょうか。

今日のスポット

◆二見興玉神社

お伊勢参りは二見から 二見興玉神社

◆鳥羽水族館

鳥羽水族館 公式サイト
飼育種類数日本一1200種。日本で唯一ジュゴンに会える水族館

◆横山展望台

横山展望台
英虞湾に浮かぶ60の小島と幾重にも折り重なるように突き出た半島を一望できる展望台。 標高140メートルの高さから、日本有数のリアス海岸美を誇る絶景が楽しめます。 遊歩道も整備されているので、ハイキング・トレッキングにも最適。 展望台下のビジターセンターでは、伊勢志摩国立公園について学べるほか、クラフト体験や真珠ア...

おすすめの本

◆ふたりはいつもともだち (著者 茂市久美子)

https://www.amazon.co.jp/ふたりはいつもともだち-絵本のおくりもの-もいち-くみこ/dp/4323018177

コメント

タイトルとURLをコピーしました