【天空の楽園】伊吹山へ挑戦

登山

今回は、滋賀県米原市にある百名山 伊吹山への登山記録をお届けします。

伊吹山は日本百名山の一つであり、年を通じて様々な種類の野生植物が咲くことから、「天空の楽園」の愛称で親しまれています。

琵琶湖の北部に位置しているので、関西エリアからも中部エリアからも比較的アクセスしやすいかと思います。

それでは早速、登山の一部始終をご紹介していきます!

スポンサーリンク

登山開始〜一合目

ただいま、朝の7:30。

登山届を提出し、入山協力金(※)を支払って、登山開始です。

※入山協力金300円/人は、伊吹山の自然植物を保護する活動に役立てられているそうです。

一合目までは、ひたすら樹林帯の中を進んでいきます。

一合目〜三合目

一合目を過ぎると、開けた場所へ。

所々日陰はあるものの、ここからは本格的に日向メインのエリアになっていきます。水分補給を十分にして、無理ないペースで進んで行きます。

※お手洗いは一合目と三合目以降はないので、今のうちにお済ませくださいねー。

三合目〜五合目

伊吹山が姿を見せ始めます。

今日は、山頂付近がガスっている(霧がかかっている)ようです。晴れて欲しいなあ…

フェンスで囲われた区間では自然植物が保護・飼育されています。季節によって様々なお花たちに出会えますよ。

五合目〜七合目

さあ、登りも半分が終わりました。

五合目には、広々としたベンチがあり、休憩スポットになっています。

※自販機はありますが、空き缶やペットボトルなどのゴミは持ち帰りです。

上り下りしづらい崖のような場所もあるので、進捗に進みます。

七合目〜頂上へ

振り返ると琵琶湖が背中を押してくれているように感じますね。あともう一踏ん張りです。

登山道は段々狭くなってきているので、すれ違う際は譲り合いましょう。

登頂!

11:00、登頂お疲れ様でした。

見事な霧です笑笑 

お腹も空いたところで、山小屋 宮崎屋にてカレーうどんを頂きました。アクセントに七味を入れると味に深みが出て好きです。

いつの季節も出来立てのご飯はおいしいですね。

暫くすると、瞬間的に霧が去ってくれました。雲は残るものの、うっすらと琵琶湖が姿を見せてくれました。

下山

疲れが出てきますが、下りこそ焦らず慎重に下りることが大切ですね。わたしはよくこけます。

さようなら、伊吹山

お疲れ様でした。

ドライブウェイもあるので、登山しない方でも気軽に訪れてみてください。

今日のスポット

◆伊吹山

伊吹山
長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイ...

(参考)◆伊吹山ドライブウェイ

青空へ駆け上がる道|伊吹山ドライブウェイ
岐阜県・滋賀県の日本百名山を駆け抜ける伊吹山ドライブウェイは、全長17㎞の頂上への道のりです。新緑や紅葉など四季折々の伊吹山の大自然がお出迎えします。ドライブを楽しむだけでなく、終点にあるスカイテラス伊吹山は展望テラスを完備し山頂でも楽しめます。

★番外編 いぶき薬草湯

伊吹山登山の後は、近くにあるいぶき薬草湯に浸かって癒されました。

参考までにご紹介します。

いぶき薬草湯

コメント

タイトルとURLをコピーしました